2015年10月06日

VOICEROID+に関して その1 ソフトとキャラクタの紹介

デビュー記事補完……全く新しい記事を作成しようか迷いましたが、別に何も急ぐ必要性がないので、デビュー記事にちょっとだけ関連した駄文など。

〜〜前段〜〜
※VOICEROID+とは。
・ボイスロイドとは何か。
 ボイスロイドは、株式会社AHSが発売している「入力文字読み上げソフト」の事で、もともとは「株式会社エーアイが開発した人間的で自然な音声合成を実現することができる高性能音声合成ソフトウェアです」(AHSホームページより)。
 入力した文字を読み上げるソフトに、それぞれキャラクタを付随させた商品展開をしており、簡単に言うと「ボーカロイド(初音ミクなど)の喋る版」。

 自分が購入しているのは、「結月ゆかりEX」「民安ともえ(弦巻マキ)」「東北ずん子」の三本。
 結月ゆかりと東北ずん子はキャラクタ名がそのままソフト名ですが、民安ともえ(弦巻マキ)は、ボイスサンプルが声優の民安ともえさんでソフトのキャラクタ名が弦巻マキ。
 ちなみに弦巻マキは、ペッパーくんの声としても採用されています。「こんなに滑らかに腰をふれますよー」の声です。

・VOICEROID+結月ゆかりEX
 自分が最初に購入し、中心的に使っているのが「VOICEROID+結月ゆかりEX」
 デビュー記事に載せた
変換 〜 03ゆかりフトモモ2.jpg
 この画像の娘です(公式のイラストではなく、MMDで作成。モデルはくま氏作成のくま式結月ゆかりVer2.1)。

・妄想暴走
 うちの子設定として。
 性格は真面目で温和。年齢(公式設定17歳)の割に落ち着きがあり大人びている。やや潔癖症で融通を効かせることがちょっと苦手。ボイスロイド朗読検定準2級に合格して出荷され、出荷先(ロキに買われた)で同検定1級に合格してEXに昇格(うちの子設定)。胸が小さく(公式設定)、それはコンプレックスになっている。
 勉強が出来て偏差値は良く、他人から嫌われるような性格でもないが、 柔軟性に難があるために要領が良くなく損をしているタイプ。場の空気を読むのも上手くないと自覚しているため、人が多いところでは無口になってしまう。
 真面目な性格ゆえに冗談を受け流すようなこともヘタで、からかった時の怒ったり威嚇したりする反応が面白く可愛らしいため、よくロキに弄られている。例えば上のように一人だけ水着画像を作成されたり。

 というような設定を、今、適当に思いつきで書いたのですが。
 
 さらに暴走。
 一年先輩の弦巻マキとは、学校は違うが(MMDモデルでの制服が違う)地域の朗読サークルで知り合い、一年後輩の東北ずん子と共に意気投合する。
 弦巻マキは(下の画像の娘)、
変換 〜 01マキフトモモ.jpg
基本的に結月ゆかりとは反対の性格で、人前でも物怖じせずに冗談を交えたトークが出来るタイプ。バンドのリーダー(公式設定としてJamバンドのリーダーでギター担当)も務めているためかリーダーシップがあり、ノリが良い。男の子からは腹を割って話せる友達として認識されることが多く、逆に女の子から結構モテる。
 ゆかりはそのような性格のマキを好ましくも羨ましく思っており、マキはマキで大人しく静かな性格のゆかりを女の子らしくて可愛らしいと羨んでいる。

 画像を作っていた時には、結月ゆかり嬢に関しては「そういうモデルがある」というだけ水着パーカーモデルを採用。まぁ一人だけこの格好だったら怒るだろうなという考えでああいう表情の画像を作ったというだけの話。

 なのですが、なんだろう。設定がスラスラ出てくる。
 筆が軽い。
 こんな気持でブログ更新出来るなんて。
 もう、何も怖くない。

 ちなみにマキさんの画像に関しては。
 MMDの「もものは式弦巻マキ」モデルのスカートは、ミニの割には静止画でフトモモを強調するには微妙に長く。
 そのためにちょっとたくし上げてもらったのですが、それだけだとまるで援助交際でもしている女子高生のような嫌らしさになってしまう。
 そのため、脳内に響いた「フトモモが見たい? いいけど……これ以上はみせてあげなーい。ベーだ」というセリフを元にアカンベーをさせてみました。
 そしたら痴女が小悪魔になった。
 この画像のせいで「ビッチ」っぽく見られてしまうのも可哀想なのですが。
 基本的に彼女はノリがよく、かつバンド活動のために観客から注目されることに多少なれており、しかも空気を読む能力が高い。
 フトモモが見たいという要求に対して、ゆかりやずん子がどのような反応をするかを察してそれと被らないように配慮し、かつ自分に求められていたのがどのような立ち位置かを瞬時に理解してあのようなポーズを取りました。
 
 本当にスラスラ書けるな。
 なんだこれ? 自分も随分と業が深いのか?

 さらにミクさんたち。
 (うちの子設定では)基本的に素人のVOICEROID三人娘と違い、彼女らは電子の歌姫のプロ集団。
 フトモモが見たい! F.S.S.! F.S.S.! と言われようがなんと言われようが、顧客(この場合はロキ)の要望に応えるのが仕事(ただしあまりムチャな依頼するとギルドナイトが派遣されます)。
 内心はどうあれ、完璧な営業スマイルで対応して頂きました。

東北ずん子「私の設定は?」
ロキ「ちょっと長くなりすぎたので、君はまた今度の機会に」
東北ずん子「そんなー」


※VOICEROID+と出会う以前
・朗読音声ファイルが欲しかったのに、ラジオ(ラジコ)の朗読番組では録音失敗が多く、そのためPCに朗読をして貰いたかったというところから始まるのですが。

予想以上に長くなったので、記事を分けます。
posted by ロキ at 22:40| Comment(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。