2015年10月29日

結月ゆかり嬢に読ませると……。

VOICEROID+というソフトがあります。

簡単に言うと、初音ミクなどVOCALOIDの「話す」版で、テキストを自然な感じで読み上げてくれるソフトです。
ボーカロイドと同じく、ボイス毎にキャラが設定されており、自分は「結月ゆかりEX」「民安ともえ(弦巻マキ)」「東北ずん子」の三商品を購入、使用しています。

さて。
自分はモンハンブログでモンハンの二次創作小説を書いて、それを結月ゆかり嬢に朗読してもらったりします。
結月ゆかり嬢がひたすら朗読をするだけという誰得動画作成のためでもありますが、読み上げてもらうのは文章校正として有効な手段で、誤字脱字のチェックから文体のおかしな所がないかまで、読み書きのみでは見えづらい部分がわかってきたりします。

購入したVOICEROID三人娘の中でも「結月ゆかり」を自分は中心的に使っています。
落ち着いた女性の声のVOICEROID+で、その声は聞いていて心地よいです。

テキストを貼り付けただけの未調声でもそれなりにちゃんと喋ってくれますが。
しかしこの娘、漢字などたまにおかしな読み方をします。

最近あった中で特にインパクトが強かったのは。
「糞」という言葉。フンと発音してもらうつもりでした。

なぜこんな言葉を読んでもらったかというと、モンハンに重要アイテムの一つとして「モンスターの糞」(モンスターノフン)があるからなのですが。
彼女。
これを見事にモンスターの”クソ”と読んでくれました。

これが例えば、こんな感じの表情で。
変換 〜 恥ずかしがる夏ゆかり.jpg

〜〜 MMDのモデル 結月ゆかり 結月祭2014 夏衣装 
・モデリング:くま様 ・衣装デザイン:イロイア様 〜〜


「モンスターの……ク……クソ///」とかちょっと恥じらってくれればまだ良いものを。

その言葉は淀みなく、当たり前のように、自然な流れで「モンスターのクソ」と、彼女は読んでくれます。
もちろん。
これは結月ゆかり嬢のプロ意識の高さを物語っているのですが。

……その……ゆかりさん……イメージが……。
posted by ロキ at 08:11| Comment(0) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。