2015年12月16日

奇怪譚……機械譚

ロキ:
……これは友人から聞いた話なのですが……

結月ゆかり:
(ゴクリ)

弦巻マキ:
(ふむふむ)


東北ずん子:
(小首を傾げる)


ロキ:
友人はソフトバンクで相談の順番待ちをしながら、近くに居たペッパーくんを見ていました。
するとそのペッパー君。
……誰もいない虚空を見ながら「あなた誰ですか? あなた誰ですか?」と繰り返したということです……。

ゆかりとずん子、スッとマキの方を見る。

弦巻マキ:
こ……怖くないよ! ペッパーくんは怖くなんかないよ!


posted by ロキ at 17:36| Comment(4) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おわかりいただけただろうか・・・と私です

ペッパーくんには霊魂の類が見えていたとでも、言うのだろうか?

そこんとこどうなんですかねマキさん
Posted by カンペ at 2015年12月17日 07:51
そ……そんなの見えてないよ! ホントだよ!
きっと、壁のシミが人の顔に見えていたんだよ! 
Pya!病ってやつだよ!

ゆかり:
……Pya!病ってなんです?

ずん子:
写真投稿サイト「Pya!」で流行った、どんな画像でも人間の顔に見立ててしまうというクセの事ですよ。

ゆかり:
ああ、ロキさんがかかってるやつですか……。
Posted by 弦巻マキ at 2015年12月17日 18:21
こんにちは♪

シミュクララ現象でしたっけ?
∵を顔と認識してしまうや〜つ
でもまぁ機械の感知能力は時として人の常識を超えますから…


以前勤めてた職場
南向きの正面玄関(自動ドア)
職場の道を狭んだ南西には斎場

たまにね、夜中に開くんですよ…
近くに誰もいないのに玄関の自動ドアが
( ̄∇ ̄)フフフ





センサーにカナブンがたかっていたトキはありましたケド(・ω・)
Posted by うぃく at 2015年12月18日 15:45
それですそれ。シミュラクラ現象!
なんかそういう名前が付いているのはうろ覚えに覚えていたのですが、検索しようにも言葉が解らずじまいになっていました。
「人間の目には3つの点が集まった図形を人の顔と見るようにプログラムされている脳の働き。」(Wikipedia)
これです。

調べてみると、人間ってまず相手の目を見る習性があるみたいですね。……おかしいなぁ、自分はまず相手から目をそらす習性があるぞ……。

それはともかく。
以前、丁度この時期、とあるスーパーの自動ドアが不規則に開いたり閉まったりしているのを見たことがあります。

よく見ると、風に煽られた正月飾りが……!
Posted by ロキ at 2015年12月19日 05:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。