2016年01月21日

チン・トン・シャン・テン・トン

「少年アシベ」のアニメ版二期の発表に唖然。
いや、見たいのは見たいけど、なぜ今アシベ?
良くは知らないけど、引退した声優さんたちも少なからずいるんじゃないだろうか、などという余計なお世話的な心配も。
引退してなくても、あのゴマちゃんの声、今でも出せるのかなぁ……。声優の仕事としてもかなり特殊だったような……。
とりあえず、ペッペッペソーランアレマさんがまた見られるのであれば満足です。

ちょっと調べてみたら、「少年アシベ」の原作は88年から。
ベルセルク(89年から)とほぼ同期なんですねガッツさん!

g怒気含み.pngおう。それがどうしたってんだ?

……いえ、なんでもありませんです……すみません……。
ラベル:アニメ
posted by ロキ at 21:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪

おぉ!まぢですか!?
アシベ懐かしいっ

ペッペッペさんいいですねぇ〜(///∇//)
あんな秘書がいたら仕事が楽しくてしかたないでしょう
まぁそもそも秘書なんている身分ぢゃないですが(´-ω-`)

|д゚)リャンリャンもよかです
Posted by うぃく at 2016年01月22日 00:37
ぼのぼのもそうですが、本当に最近は80年代90年代のアニメのリバイバルが多いですよね。ちょっと違う形にした夜のヤッターマンとか、あるいはドラマのど根性ガエルやおそ松さんなんかも。

そういえば、うえでも書いたけどガッツさんも80年代生まれ。
アニメ版映画版では2回連続触エンドでしたが、それを乗り越えてついに黒い剣士時代がアニメ化するよう。

これは、映像化用原作が無くなってきた……というわけではなく、80年代、90年代のアニメや漫画をみて育った世代が、自分でプロジェクトをプロデュースできる年齢になってきたってことなんだと思います。

そういう意味では、何年か前の等身大ガンダムなんかはまさにその典型だったのではないかな、などと思っています。

リャンリャンもいいですよね! しかしヒトシ君は子供向けのアニメで出していいんだろうか……いや、いい人なんだけど……。
Posted by ロキ at 2016年01月22日 19:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。