2016年03月08日

逆襲の……

打ち捨てられたブログに、誰かが住み着いたようです。続きを読む
ラベル:MMD きの式
posted by ロキ at 08:46| Comment(2) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

なぞなぞです。

なぞなぞです。

「股間の下から手を伸ばして相棒をリードし、一流になると棒のコントロールもお手の物」

な〜〜んだ(ニヤニヤ)。


続きを読む
posted by ロキ at 09:19| Comment(6) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

ネタバレな話

 よく、「ネタバレ」の代名詞として「犯人はヤス」って言うじゃないですか。

 しかし、この元ネタとなっている「ポートピア連続殺人事件」って、発売が83年のゲーム。ドラクエよりも昔のエニックス作品です。
 「犯人はヤス」がネタバレを意味する言葉として独り歩きしているとはいえ、それが具体的にどういう意味なのかわかっている人はかなり少なくなってきています。
 そう。罵り言葉として「クソッ! なんて時代だ!」と言う、その語源(の有力な説の一つ)が「休息万命急々如律令」だということを知らない人が多くなっているのと同じように。
 もう、時代は「犯人はヤス」じゃないんです。

 そこで、自分は新たな「ネタバレ」の代名詞を提案したいと思います。
 候補は色々ありますが。
 自分はやはり

「アグラマント様は耳長族」

 これを推したい。

 耳長族を駆逐し聖地ルナを制圧せんとし、邪動戦士を次々と召喚する邪動族の大魔導師。
 大物感と見た目の気持ち悪さ、邪悪さを兼ね備えたいかにもなラスボス。立ち位置がハーゴン。
 何故か「様」を付けて呼びたいキャラランキング(ロキ脳内調べ)でもフリーザ様と並ぶ上位ランカーでもあるアグラマント様。
 しかしその本来の姿は、耳長族の大魔法使い、ブイの称号を持つブイ・ラーマス。
 しかも、主人公の一人である耳長族の少年ラビの祖父。

 そのネタバレ度は、事実を知った邪動族三人衆の一人シャマンが。……それまでアグラマント様に絶対の忠誠を誓っていたシャマンが陣営を裏切ろうとするレベル。

 この大ドンデン返し。まさに新たな「ネタバレの代名詞」にふさわしい!
 「アグラマント様は耳長族」。
 これが新たなる世代の「犯人はヤス」になる!
 そうは思いませんか? ゆかりさん!

結月ゆかり:
……いや、ヤスもアグラマントも、どっちも観たことありませんし……。

弦巻マキ:
「(別の作業をしながら、話を聞くともなしに聞いていた。無意識的に鼻歌を歌っている)……♪ホロレチュチュパレロ……♪……」

ロキ、東北ずん子:
「!? (びっくりしてマキを見返す)」

ゆかり:
「?? (二人が何にびっくりしているのか分からない)」

マキはそれぞれの動きに気づかずに作業を続けていた……。
posted by ロキ at 12:16| Comment(2) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。