2016年01月12日

オススメ動画紹介「BadApple!!」 鬼発注と神受注

 今更「オススメ」するには有名すぎる動画です。
 また、東方Projectのキャラがいっぱい出てきます。とは言え、音楽PV的動画ばかりなので、知らなくても楽しめると思います(特に、最後に紹介する「影絵」は)。

 前置きはともかくとして。
 遡ること8年前。2008年6月8日にある動画がニコニコ動画に投稿されます。

 それがこちら。
【UP主が見たい】Bad Apple!! PV【誰か描いてくれ】
(2008年06月08日 投稿 2016年1月12日時点2,257,312再生 マイリスト:14,444)

(音楽Fullバージョンはこちら)
 PC98時代のゲーム「東方幻想郷」のBGMの一つ「Bad Apple!」をアレンジした「Bad Apple!! feat. nomico」に乗せて、テキスト主体で作成されたプロット動画。誰が言ったか「絵コンテ」ならぬ「字コンテ」。

 これを元に、素晴らしいPVを作って欲しいという発注動画でありました。

 この発注書……後に「鬼発注」と呼ばれる動画に対し、しかし予想に反して「神受注」が発生します。

 それがこれらの動画。
[東方]BAD APPLE!!描いてみた[手書き]
(2008年08月23日投稿 2016年1月12日時点 403,448再生 マイリスト:5,226)



[手書き]BADAPPLE!! Fullバージョン[完成]

(2008年10月26日投稿 2016年1月12日時点2,812,551再生 マイリスト:58,471)


【東方】Bad Apple!! PV【全力で描いてみた】
(2009年02月25日投稿 2016年1月12日時点219,850再生 マイリスト:5,400)

 
 これらの「神受注」動画はほんの一例に過ぎず、実際には多くの「絵師」が受注競争に参加。その数およそ60以上の動画が作成され、「BadApple」関連動画はある種のお祭りの様相を呈します。
 その活況ぶりを示すかのように総集編も作られました。

【UP主が見たい】Bad Apple!! PV 全比較版【みんなが描いてくれた】
(2009年06月08日投稿 2016年1月12日時点247,365再生 マイリスト:1,753)


 祭りは一年以上続き、やがてちょっとしたカテゴリーとして確立しかけていた「BadApple」。
 しかし、その「社会」を震撼させる出来事が起こります。

 鬼発注から一年と少し経った2009年10月27日。
 その日、祭りのエネルギーを吸収し、爆散させることとなる「その動画」が投稿されます。

【東方】Bad Apple!! PV【影絵】
(2009年10月27日投稿 2016年1月12日時点21,594,974再生 マイリスト:625,795)


 投稿から一年で再生数10,000,000万を突破し、2015年6月には20,000,000再生を達成したバケモノ動画。BadAppleの鬼発注の関連は知らなくとも、この動画は見たことがあるという人も多いかと思います。
 ケタ違いの注目度、そしてそれだけの完成度。

 ここからは「独り言」となりますが。
 自分の興味のある根源的な事柄の一つに「なぜ人間は”創造”をするのか」というものがあります。

 その意味では、特にカネになるわけでもない「鬼発注」と「神受注」、その果てに生まれた【東方】Bad Apple!! PV【影絵】の流れには、色々と興味を惹かれます。

 「創造する理由」の「答え」ではないにしても、ともかく人間には強烈な「創造欲」があるということ。それも、作る側はもちろん、見る側にもその「創造欲」を称え、支え、後押しするという強い動きがあるということ(個人レベルではともかく、集団として)。
 非常に単純な形ですがBadAppleの流れにそれを感じました。

 このような動きには、多分、人間が社会的な生物であって、社会を形成するための動物的本能的な部分が関わってくるのでしょうが、「なぜ創造するのか」。その答えは自分にはまだまだ見えません。

 ただ。
 「創造欲」は、「人種」や「民族」そして「歴史」や「経済」といったものを内包する「社会」の中にありながら、別の「社会」と「社会」を結びつけ、一つの大きな「社会」を形作るためのツールになりうる、いわば社会の内側だけではなく外側にも存在しうるモノであり、他の要素よりも「別々の社会間」で共有しやすいモノなのではないか……などと、夢想することがあります。

 もちろん「人間」も「社会」も非常に多面的で複雑なものであり、一つの要素だけで「社会」を理解し、ましてや理想と実現を語ることなど出来ようはずもありませんが。しかし、「人間」や「社会」は、戦争も出来るけど、逆に分かり合えることも出来る存在であると思うし、その分かり合うために、「創造欲」は重要な要素の一つなのではないか、などと考えることがあります。

 オチが全く練られていない文章になりましたが。
 以上、オススメ動画紹介「BadApple!! 鬼発注と神受注」でした。続きを読む
posted by ロキ at 12:06| Comment(0) | オススメ動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

トゥイードル・ディーとトゥイードル・ダム

グァバ(バンジロウ)として使用させてもらったMMDモデル「トゥイードル・ディー(&トゥイードル・ダム)」の善き動画があったのでご紹介。
角が長いほうがトゥイードル・ディー(グァバとして使用)。
羊の巻角の方がトゥイードル・ダム。



本当は、モデルそのままではなく、頭にグァバの実を乗せ、グァバカラー(黒緑の皮と赤い中身)に改造してみたいのですが、時間と熱意が無くほったらかしになっています。
posted by ロキ at 10:07| Comment(0) | オススメ動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

ネタバレな話

 よく、「ネタバレ」の代名詞として「犯人はヤス」って言うじゃないですか。

 しかし、この元ネタとなっている「ポートピア連続殺人事件」って、発売が83年のゲーム。ドラクエよりも昔のエニックス作品です。
 「犯人はヤス」がネタバレを意味する言葉として独り歩きしているとはいえ、それが具体的にどういう意味なのかわかっている人はかなり少なくなってきています。
 そう。罵り言葉として「クソッ! なんて時代だ!」と言う、その語源(の有力な説の一つ)が「休息万命急々如律令」だということを知らない人が多くなっているのと同じように。
 もう、時代は「犯人はヤス」じゃないんです。

 そこで、自分は新たな「ネタバレ」の代名詞を提案したいと思います。
 候補は色々ありますが。
 自分はやはり

「アグラマント様は耳長族」

 これを推したい。

 耳長族を駆逐し聖地ルナを制圧せんとし、邪動戦士を次々と召喚する邪動族の大魔導師。
 大物感と見た目の気持ち悪さ、邪悪さを兼ね備えたいかにもなラスボス。立ち位置がハーゴン。
 何故か「様」を付けて呼びたいキャラランキング(ロキ脳内調べ)でもフリーザ様と並ぶ上位ランカーでもあるアグラマント様。
 しかしその本来の姿は、耳長族の大魔法使い、ブイの称号を持つブイ・ラーマス。
 しかも、主人公の一人である耳長族の少年ラビの祖父。

 そのネタバレ度は、事実を知った邪動族三人衆の一人シャマンが。……それまでアグラマント様に絶対の忠誠を誓っていたシャマンが陣営を裏切ろうとするレベル。

 この大ドンデン返し。まさに新たな「ネタバレの代名詞」にふさわしい!
 「アグラマント様は耳長族」。
 これが新たなる世代の「犯人はヤス」になる!
 そうは思いませんか? ゆかりさん!

結月ゆかり:
……いや、ヤスもアグラマントも、どっちも観たことありませんし……。

弦巻マキ:
「(別の作業をしながら、話を聞くともなしに聞いていた。無意識的に鼻歌を歌っている)……♪ホロレチュチュパレロ……♪……」

ロキ、東北ずん子:
「!? (びっくりしてマキを見返す)」

ゆかり:
「?? (二人が何にびっくりしているのか分からない)」

マキはそれぞれの動きに気づかずに作業を続けていた……。
posted by ロキ at 12:16| Comment(2) | 駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。